日程 会場 都道府県 開演時間 料金 お問い合わせ先
10/12(木)

八千代座

熊本 16:00 SS席:12,000円
S席:10,000円
A席:8,000円

八千代座公演実行委員会 公演事務局
TEL 0968-43-0202

10/13(金) ①12:00
②16:00
10/14(土) ①12:00
②16:00
10/17(火) 弁天座 高知 ①13:30
②18:30
全席指定:19,000円 香南市歌舞伎でまちおこし実行委員会
TEL 0887-57-3060
10/18(水) ①13:30
②18:30
10/19(木) 13:30
10/21(土)

成田国際文化会館

千葉 ①13:00
②17:00
S席:9,000円
A席:6,500円

未定

10/23(月)

北九州芸術劇場
大ホール

北九州 ①13:30
②17:00

S席:11,000円
A席:9,000円

JTB九州交流共創事業部
TEL 0570-065-588
10/25(水)

ひめぎんホール

愛媛 13:30 S席:11,000円
A席:8,500円
B席:7,000円
愛媛新聞社企画事業部
TEL 089-935-2355
10/30(月)

コンベンション劇場

沖縄 ①13:30
②17:00
S席:10,000円
A席:9,000円
琉球放送 事業推進部
TEL 098-988-5000
(平日10:00〜17:00)
11/11(土)

なら100年会館
大ホール

奈良 ①12:30
②16:00
S席:11,000円
A席:9,000円
キョードーインフォメーション
TEL 0570-200-888
11/12(日)

守山市民ホール

滋賀 15:00 S席:10,800円
A席:9,000円
守山市民ホール
TEL 077-583-2532
(9:00〜17:00)
11/13(月)

神戸国際会館
こくさいホール

兵庫 14:00 S席:11,000円
A席:9,000円
キョードーインフォメーション
TEL 0570-200-888
11/14(火) 穂の国とよはし芸術劇場 愛知 ①13:30
②17:00
S席:11,000円
A席:8,000円
B席:5,000円
U24(B席):2,500円
高校生以下(B席):1,000円
プラットチケットセンター
TEL 0532-39-3090
(10:00〜19:00 休館日除く)
11/15(水) ①13:30
②17:00
11/18(土)

やまぎんホール

山形 ①13:30
②17:00
S席:9,800円
A席:7,800円
さくらんぼテレビ
TEL 0120-150-616
(平日10:00〜18:00)
11/19(日)

郡山市民文化センター

福島 ①13:30
②17:00
S席:9,800円
A席:7,800円

ラジオ福島 営業企画部
TEL 024-531-4320
(平日9:15~18:15)

ニュース・プロモーション
TEL 022-266-7555
(平日11:00〜18:00)

11/21(火)

川崎市スポーツ・文化総合センター(仮称)

神奈川 15:00 一等席:11,000円
二等席:9,000円
三等席:7,000円
Zen-A(ゼンエイ)
TEL 03-3538-2300
(平日11:00〜19:00)
11/22(水)

松戸・森のホール21

千葉 15:00 S席:10,000円
A席:8,000円
B席:6,500円
森のホール21 チケットセンター
TEL 047-384-3331
11/23(木) 茨城県立県民文化センター 茨城 ①12:30
②16:00
S席:10,000円
A席:8,500円
Zen-A(ゼンエイ)
TEL 03-3538-2300
(平日11:00〜19:00)
11/24(金) ベイシア文化ホール 群馬 15:00 S席:9,800円
A席:8,300円

上毛新聞社 事業局事業部
TEL 027-254-9955

11/25(土) ホクト文化ホール(大)
(長野県県民文化会館)
長野 13:30 S席:10,000円
A席:8,500円
スーパーキャスト
TEL 026-263-1000

 

9:00〜WEB予約スタート!

 

10:00〜TEL予約スタート!

予約受付電話番号 03-3538-2301

電話でのご予約は、郵便振替でお振込いただきます。
【口座番号】00140-3-739851
【加入者名】ゼンエイ
【通信欄】公演名 / 会場名 / 時間 / 席種 / 枚数 / 予約番号
【振込金額】チケット代金×枚数+サービス手数料500円+送料324円

TEL予約の注意事項〜お申込前に必ずお読みください〜

 

御所五郎蔵は江戸一番の男伊達。侠気溢れる粋な男振りの五郎蔵が向かうのは、大勢の客で賑わう吉原仲之町。五郎蔵がこの廓へやって来たのは、恋人の傾城から文が届いたゆえ。その傾城との馴れ初めをはじめ、折々に交わす逢瀬の様子を語る五郎蔵。そこへ五郎蔵に遺恨を抱く男伊達たちが現れ、恨みを晴らそうと打ちかかります。しかし、五郎蔵はこれを難なく退け、恋人の許へと向かうのでした。

 

市川海老蔵

朗々と響く声と美しく整った容姿、輝やかしいほどの華を備えた今最も注目される俳優の一人。
市川宗家の家の芸である「歌舞伎十八番」の継承と復活、
また、歌舞伎と言う芸能の可能性の追求に並々ならない情熱を注いでいる。
2003年にはNHK大河ドラマ「武蔵MUSASHI」の主役を勤め、
2011年公開の主演映画「一命」はフランスカンヌ映 画祭にノミネートされた。
そしてパリ・オペラ座をはじめとする海外での歌舞伎公演にも積極的に取り組み、
近年では2014年、2015年シンガポール、2016年2月にUAE、
翌3月、NY音楽の殿堂であるカーネギー・ホールでの公演を大成功に導いた。
歌舞伎俳優として、さらなる飛躍が期待されている。

 

片岡市蔵

1958年12月12日生まれ。五代目片岡市蔵の長男。
1962年4月歌舞伎座『助六由縁江戸桜』の禿で片岡幸一の名で初舞台。
1969年11月歌舞伎座『助六由縁江戸桜』の茶屋廻り金太ほかで六代目片岡十蔵を襲名。
2003年5月歌舞伎座『実盛物語』の瀬尾十郎ほかで六代目片岡市蔵を襲名。
三枚目から老け役、女方まで幅広くこなす、近年の成田屋の舞台になくてはならない貴重な存在である。

 

市川九團次

1972年4月4日生まれ。
1998年9・10月大阪松竹座『ヤマトタケル』 の舎人ほかで坂東竹志郎を名乗り初舞台。
坂東竹三郎の芸養子となり、2005年4月大阪松竹座『車引』の杉王丸で四代目坂東薪車を襲名。
2014年9月市川海老蔵門下となり、南座で市川道行を名乗る。
2015年1月新橋演舞場『石川五右衛門』のヌルハチで四代目市川九團次を襲名。
今年1〜2月には舞台『Honganji』に出演するなど、歌舞伎以外でも活躍中。

 

大谷廣松

大谷友右衛門の次男。祖父は四代目中村雀右衛門。1998年5月歌舞伎座『お祭佐七』で祭礼の屋台の『落人』の伴内で初お目見得。2003年1月歌舞伎座『助六由縁江戸桜』の禿で二代目大谷廣松を襲名し初舞台。女方の役や立役も勉強中でさまざまな可能性を持つ若手の一人。近年、市川海老蔵の舞台に一座する機会が多く歌舞伎十八番『勧進帳』では四天王のひとり、駿河次郎を勇ましく勤めあげた。

 

 

企画:市川海老蔵  制作:株式会社3Top

制作協力:全栄企画株式会社 / 株式会社ちあふる  協力:松竹株式会社

総合お問い合わせ:Zen-A(ゼンエイ) TEL 03-3538-2300 (平日11:00〜19:00)