市川海老蔵 古典への誘い 2015.9.4(金)〜9.27(日) 市川海老蔵 古典への誘い 2015.9.4(金)〜9.27(日)

公演スケジュール

9月4日(金)愛知県芸術劇場
〒461-8525 愛知県名古屋市東区東桜1-13-2
開演 15:00 / 18:30 S席10,000円 A席8,000円
9月5日(土)滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホール
〒520-0806 滋賀県大津市打出浜15-1
開演 14:00 S席10,000円 A席8,000円
9月6日(日)神戸国際会館 こくさいホール
〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6
開演 13:00 S席10,000円 A席8,000円
9月8日(火)多賀城市文化センター
〒985-0873 宮城県多賀城市中央2-27−1
開演 12:00 / 16:30 S席9,800円
9月9日(水)やまぎんホール(山形県県民会館)
〒990-0042 山形県山形市七日町3-1-23
開演 14:00 / 18:30 S席9,800円 A席7,800円
9月11日(金)和光市民文化センター サンアゼリア
〒351-0106 埼玉県和光市広沢1-5
開演 13:30 / 18:30 S席9,500円 A席8,500円
9月12日(土)渋谷公会堂
〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町1-1
開演 13:00 / 16:30 S席9,000円 A席8,000円 B席6,500円
9月13日(日)町田市民ホール
〒194-0022 東京都町田市森野2-2-36
開演 14:30 9,500円
9月15日(火)・16日(水)弁天座
〒781-5310 高知県香南市赤岡町本町795
開演 13:30 / 18:30 1階18,000円 2階16,000円
9月18日(金)熊本ホテルキャッスル
〒860-0846 熊本県熊本市中央区城東町4-2
①お食事 14:00 開演 15:30 ②お食事 19:00 開演 2030
全席指定35,000円 ※他公演と演目が異なります。
9月20日(日)佐賀市文化会館 大ホール
〒849-0923 佐賀県佐賀市日の出1-21-10
開演 13:00 / 17:00 1階S席10,000円 2階A席8,000円
9月22日(火)鹿児島市民文化ホール
〒890-0062 鹿児島県鹿児島市与次郎2-3-1
開演 12:00 / 15:30 S席10,000円 A席8,500円 B席7,000円
9月23日(水)宮崎市民文化ホール
〒880-0930 宮崎県宮崎市花山手東3-25-3
開演 13:00 S席10,000円 A席8,500円
9月25日(金)・26日(土)・27日(日)嘉穂劇場
〒820-0041 福岡県飯塚市飯塚5-23
25日 開演 15:00
26日 開演 12:00 / 15:30
27日 開演 12:00 / 15:30
A席10,000円 B席8,500円
▲ページトップへ戻る

演目

市川海老蔵

一、 ご挨拶

  • 市川海老蔵

二、『正札附根元草摺』

  • 曽我五郎時致……市川九團次
  • 小林妹舞鶴………大谷 廣松

文化十一年(一八一四)正月、江戸森田座で初演されたこの歌舞伎舞踊は、曽我十郎と五郎の曽我兄弟の軌跡を描いた『曽我物語』を素材とした作品です。
『正札附根元草摺』という本名題にある「草摺」とは鎧の下半身を保護する部分。これを引き合う様子を見せる件が大きみどころの典型的な荒事舞踊です。
初演当時の風俗や流行を巧みに用いながら、兄の十郎の危難を救うため、駆け出そうとする曽我五郎が掻い込んだ逆澤瀉の紋が付いた鎧の草摺を、女ながらに強力の持ち主である小林妹舞鶴が取って引き止める様子を描きます。
古風で華やかな雰囲気溢れる歌舞伎舞踊の代表作をお楽しみ頂きます。

三、『碇知盛』 作:苫舟 振付・演出:藤間勘十郎

  • 舟人実ハ平知盛…市川海老蔵
  • 源義経……………市川九團次
  • 亀井六郎…………市川 新蔵
  • 片岡八郎…………市川新十郎
  • 武蔵坊弁慶………片岡 市蔵

歌舞伎の三大名作の一つである『義経千本桜』は、兄・頼朝に追われることとなった義経と彼を取り巻く人々の運命を、壇ノ浦で源氏に滅ぼされたはずの平家の武将たちが実は生きていたという設定で、大胆に描き出した名作です。
本作『碇知盛』の主人公・平知盛は、義経への復讐を誓い、船宿の主人に身をやつして安徳帝を守りながらその機会を伺っています。
知盛は、狙い通り船に乗った義経に襲い掛かり奮戦しますが、その目論見をすべて悟っていた宿敵に、またも敢え無く敗北するのでした。
安徳帝の身を案じ、満身創痍ながらもなお戦いを挑もうとする知盛に、義経が帝の守護を約束すると、知盛は自らの身体に碇綱を結びつけ、最後の力を振り絞って碇もろとも海中へとその身を投じます。
平家一門として生まれたがため、過酷な運命に立ち向かわなければならなかった知盛の壮絶な死出の道行きを、舞踊として新たに創作しました。
荒々しいだけでなく、気品と風格、勇壮な性格が求められる難役を、市川海老蔵が演じます。

四、新作舞踊『三升曲輪傘売』(みますくるわのかさうり) 作:松岡亮作

  • 傘売り実ハ石川五右衛門…市川海老蔵

花の盛りの吉原仲の町へ、江戸の街で評判の傘売りがやって来ます。そして傘売りは、往来の人々の前で賑やかに傘を売り始め、商う様々な傘を取り出して、見物の喝采を浴びていきます。こうして商いをするなか、傘売りは男たちに取り囲まれてしまいます。実は傘売りは世に名高い盗賊石川五右衛門で、五右衛門は見事にこれを蹴散らしてみせるのでした。
和傘を主題とした、華やかな新作舞踊にご期待ください。


※熊本公演のみ演目が異なります。
   一、トーク『特別座談会』
   二、舞囃子『屋島』坂口貴信・亀井広忠 他
   三、『碇知盛』市川海老蔵


▲ページトップへ戻る

出演

市川海老蔵(いちかわ えびぞう)

市川 海老蔵
(いちかわ えびぞう)

■代数:十一代目   ■屋号:成田屋

◆主な出演作品

<歌舞伎> ◇『雪暮夜入谷畦道』の“片岡直次郎” ◇『鳴神』の“鳴神上人” ◇『源氏物語』の“光君” ◇『助六由縁江戸桜』の“花川戸助六” ◇『鏡獅子』の“小姓弥生後に獅子の精” ◇『勧進帳』の“武蔵坊弁慶”“富樫左衛門”

<テレビ> ◇1994年 NHK大河ドラマ『花の乱』にて“足利義政の青年時代”役 ◇2003年 NHK大河ドラマ『武蔵MUSASHI』にて主人公“宮本武蔵”役 ◇2009年 TBS『MR.BRAIN』にて“武井公平”役 ◇2014年 日本テレビ 『弱くても勝てます』にて“谷内田 健太郎”役

<映画> ◇2006年 『出口のない海』の“並木浩二”役 ◇2010年 『一命』の“津雲半四郎”役 ◇2013年 『利休にたずねよ』の“千利休”役


市川九團次(いちかわ くだんじ)

市川 九團次
(いちかわ くだんじ)

■代数:四代目   ■屋号:高島屋

1972年4月4日生まれ。1998年大阪松竹座で坂東竹志郎を名乗り初舞台。2005年四代目坂東薪車襲名。2014年市川海老蔵門下となり、市川道行を名乗る。2015年1月新橋演舞場『石川五右衛門』のヌルハチ役で四代目市川九團次を襲名。4月南座『道行初音旅』佐藤忠信実は源九郎狐、『身替座禅』太郎冠者を勤める。


大谷廣松(おおたに ひろまつ)

大谷 廣松
(おおたに ひろまつ)

■代数:二代目   ■屋号:明石屋

1993年7月21日生まれ。大谷友右衛門の次男。祖父は中村雀右衛門。1998年5月歌舞伎座『江戸育お祭佐七』で祭礼の屋台の『落人』の伴内で初お目見得。2003年1月歌舞伎座『助六由縁江戸桜』の禿で二代目大谷廣松を襲名し初舞台。女方の役もたびたび演じ、さまざまな可能性を持つ若手の一人。4月南座『身替座禅』侍女千枝、5月歌舞伎座『神明恵和合取組 め組の喧嘩』狸穴の重吉を勤める。


片岡市蔵(かたおか いちぞう)

片岡 市蔵
(かたおか いちぞう)

■代数:六代目   ■屋号:松島屋

1958年12月12日生まれ。五代目片岡市蔵の長男。1962年4月歌舞伎座『助六由縁江戸桜』の禿で片岡幸一の名で初舞台。1969年11月歌舞伎座『助六由縁江戸桜』の茶屋廻り金太ほかで六代目片岡十蔵を襲名。1985年名題昇進。2003年5月歌舞伎座『実盛物語』の瀬尾十郎ほかで六代目片岡市蔵を襲名。

▲ページトップへ戻る